fc2ブログ
Campaign

ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン シーズン3 (第25話~最終話第38話)

長編アニメのラストシーズン。実はここから漫画を読まなくなった所だったので新鮮だった。
ファンにはたまらないし、描写もネットだからジョジョ特有の残虐シーンがあって良い。多分テレビ版だと暗くなって見られないのだろう。
もうスタンド関連の作品としてはこれが最強で完結だろうと思ったら。まだ一番長いシリーズ8の「ジョジョリオン」があるのね。すごいわ。
まあ、ファンしか見ないだろうから満足でしょう。見た後は必ずジョジョ立ちをしたくなるのだが、リアル世界では誰もポーズを理解してくれない寂しさも味わえる。
星☆☆☆ (星5つが満点)
[Ranking]
[ 2022/12/05 22:07 ] Japanese Films アニメ | TB(0) | CM(0)

トロール

Netflix製作のノルウェーの伝説、トロールを題材とした映画。過去にも多く描かれているトロールは基本、ホラー的な化け物なのが多い。もちろん、本作も。伝説自体を知らないからアレなのだが、多分山に住む化け物としてなのだろう。なので基本人間の敵という設定ばかり。本作を見ていてそれに辟易する。そろそろ掘り下げて人間の自然に対する愚行であったり、自然目線だったりという展開がほしい。
シンプルすぎる怪獣映画。
星☆ (星5つが満点)
[Ranking]
[ 2022/12/05 21:59 ] Foreign Films Fantasy | TB(0) | CM(0)

流浪の月

「怒り」の李相日監督が再び広瀬すずと組んでダメな映画なわけがない、と思ったが。役者はすべていい。撮影演出も素晴らしい。そして人物に理解は出来ても誰にも共感出来ないという内容の映像化の勇気。映画作品のクオリティとしては満点。ただね、こちらもそれなりの知識と感性を育ててきた大人なわけよ。「痛み」「救い」とはいえ、周囲が皆時が止まっている状態が納得いかないわけ。もちろん作品であって現実とは違うといってはそれまで。ただ、それにしても、だ。もちろん原作ありきの事で原作の人物達がこのようになっているのだろう。であれば、こんなモノは痛みでも救いでも無いと言いたい。現実社会はもっと残酷で辛辣で裏切る。「怒り」で感じたようなどうしようも無い「壁」が無いのだ。人間の心の叫びが弱すぎる。
うーん、残念。
星☆☆ (星5つが満点)
[Ranking]
[ 2022/12/01 17:43 ] Japanese Films ドラマ | TB(0) | CM(0)

その日、カレーライスができるまで

ラジオ番組とカレーがつなぐ家族の絆を描いた物語をリリー・フランキーが1人芝居で演じる短編ドラマ。齊藤工がプロデュースを担当し、齊藤プロデュースによる「MANRIKI」や「CUBE」日本版リメイクなどを手がけた清水康彦監督がメガホンをとった。
まずい。非常に。まずリリー・フランキーが役柄にあっていない。彼独特の哀愁&退廃さの中に愛を感じたのはかなり昔の事。そこから老けた今は人間の生き様が表情に出ており、優しくて繊細な愛のある人間を演じるには無理がある老け方をしてしまった。これは人間性を顔の表情やシワ等で感じる人間でないとわからないかもしれないが。
次に演出。映画なので映像で見せるのが通常。しかし本作は途中リリー・フランキーが1人喋りをはじめてしまって、映像を見ないでも状況が理解できる、まるでポッドキャスト状態になる。この違和感。であれば最初から独り言をする人間として描いておくべきだった。過去の映像だけを差し込み、本人は寡黙な一人暮らし。ラジオが流れる。その演出が急に壊れてすべてをぶち壊す。
最後に。わざわざ描く程の内容じゃない。
何?助成金目当てで急遽作ったの?と勘ぐってしまうぐらいの内容。
星ゼロ (星5つが満点)
[Ranking]
[ 2022/12/01 14:23 ] Japanese Films ドラマ | TB(0) | CM(0)

妖怪シェアハウス 白馬の王子様じゃないん怪

小芝風花主演のテレビドラマ「妖怪シェアハウス」シリーズの劇場版。これ、映画にする必要ある?という内容とクオリティ。つまりテレビ版に比べてほぼ同予算としか思えないのだ。テレ朝が広告会社と事務所の口車にのせられてCXや日テレの真似してみた、的な感じ。
映画をバカにしている。
星ゼロ (星5つが満点)
[Ranking]
[ 2022/11/30 21:01 ] Japanese Films コメディ | TB(0) | CM(0)

グッバイ、ドン・グリーズ!

テレビアニメ「宇宙(そら)よりも遠い場所」の監督・いしづかあつこ、アニメーション制作・マッドハウス、キャラクターデザイン・吉松孝博が再結集したオリジナル劇場アニメーション。
え?何言いたいの?という感じ。そもそも現代は孤独が問題であって主人公は東京に行ったとはいえ親友がいる。そんな恵まれた主人公が幸せな家族がいて。何、これ。何を見せられているの?恵まれた大人が考える理想の子供時代?
現代っぽくないひどい映画。
星ゼロ (星5つが満点)
[Ranking]
[ 2022/11/30 11:57 ] Japanese Films アニメ | TB(0) | CM(0)

映画 ゆるキャン△

ロリコン大国日本でとりあえず萌え系女子高生になにかをやらせれば流行る、の先駆けでキャンプブームを作ったアニメの映画化。
しかし、なんか当時話題にならなかった気がしたが見てわかった。メンバーが成長して社会人になっているのだ。もちろん、それが当たり前であって内容も続きとして妥当。しかし多分ファンが見たいのは「かわいい女子高生」。人間の成長や本題であるキャンプなどはあくまで題材であり、それが具体的であればあるほど「かわいい女子高生が自分が好きなギアを好き=自分も好かれる可能性があるかも」が大事なのだ。
と、考えてネットのレビューを見たら。案の定だった。ほんとこの国は怖い。元々萌えアニメは好きじゃないのでこれぐらいの評価。
星☆ (星5つが満点)
[Ranking]
[ 2022/11/30 10:31 ] Japanese Films アニメ | TB(0) | CM(0)

パール/Pearl

『X エックス』の続編。『X エックス』の60年前を舞台に、殺人鬼・パールの若い頃を描く。A24初のシリーズ3部作。監督は『X エックス』から続投のタイ・ウェスト。
正直、途中まではアメリカホラー映画でありがちな厳格なキリスト教の親によって虐げられいる娘パターンか、と思って気を抜いていたのだが、ミア・ゴスの演技が素晴らしく、60年代というアメリカの戦後の高度経済期前に将来に夢を持ちながら様々な物理的障害、精神的障害によってパール(ミア・ゴス)が徐々に壊れていく様が丁寧に描かれている。機能不全家族(毒親)の元にいると人間はここまで弾ける可能性があるのかも、とパールに同情さえ感じてしまう。そして通常こういった猟奇的殺人鬼を描く場合は罪の呵責もなく、他人の痛みも自分の痛みも感じないサイコパス的愉快犯なのだが、このパールはまた違った人間的な部分が強くあり、その心の葛藤が(もしかしたら私達も一歩間違えたら?)を思ってしまう。それもミア・ゴスの演技がすべてを表していて、ラストの長回しは後に語り継がれる名シーンとなったと思う。
ホラー映画にまだこういった感じに描く隙間があったとは。人間の怖さにフォーカスしているA24ならでは。
星☆☆☆ (星5つが満点)
[Ranking]
[ 2022/11/15 15:38 ] Foreign Films Horror | TB(0) | CM(0)

X エックス

『ヘレディタリー/継承』『ミッドサマー』を手掛けたスタジオA24の新たなホラー。ミア・ゴスの初主演映画。
このスタジオは一貫して人間の怖さを描いており、その根幹が意思(宗教であればさらに)と老いであり、本作もその系譜。こんなの日本で製作されたら「差別だ!」と叩かれまくるかもしれない。日本で言えば80代後半から90歳以上のヨボヨボの老人の外見、言動も含めた不気味さを多くの人が実際に感じているだろうという事を前提にしている。逆にその感覚がマジョリティーでなければ無理な作風。
世界的に高齢化社会の中、今後こういった作品が多く作られると高齢者差別につながるかもしれないし、もしかしたら既に差別が世界では当たり前になっているのかもしれない。
なんかいろいろ考えさせられる。若さとそれに関係する美しさしが人生の一番の華であるという価値観自体が古くて低能なモノであるという事を逆に気づく人が増える映画とも言えるからなんとも。ホラーとして怖い事はまったく無いが、社会や人生を考える不思議な映画。

星☆☆ (星5つが満点)
[Ranking]
[ 2022/11/15 13:48 ] Foreign Films Horror | TB(0) | CM(0)

世の中にたえて桜のなかりせば

MXが製作に入っているので恐ろしいローテ数でCMが流れていた本作。さて、どうなのか。
脚本、演出共々酷い。薄っぺらくすべての人物、出来事を世界の狭い中で生きてきた1人の人間が情報だけで書いたような内容。何が面白いのか?何を描きたいのか?何を言いたいのか?何も無い。あるとしたら例えば「この饅頭、甘い」という表現が内容だ、と認めるようなもの。岩本蓮加の演技がまずいのはまあ、気にしない。
こんな薄くてどうしようも無い内容、それなりの制作陣であれば最初からわかっているはずだ。それでも製作する資金が集まった、というところか。自主製作映画と思えば。いや、こういった作品が大々的に作ることができる映画業界だから日本の映画は衰退しているのだな。
星ゼロ (星5つが満点)
[Ranking]
[ 2022/11/11 12:55 ] Japanese Films ドラマ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

だんごまん(BETA)

Author:だんごまん(BETA)
mixiで書きためていたモノをちょっとずつ移行していき、ちょくちょく新しいモノも追加していきます。

原則、ネタバレなし、です。
今後の映画ライフの参考にしてしていただいたら幸いです。

追記:過去の映画DBが膨大過ぎてちょっと反映するのを中断(断念?)します。新しく見た映画から上げていきます。
追記:2013年11月現在、ユーザータグが不調で演者、監督名が正しく表示されていません。評価もしくはカテゴリーで一覧表示していただくか、検索して作品を見つけてください。
2015年1月現在、すべてのユーザータグも反映されなくなりました。回復方法もわからないので記事は簡易UPに切り替えます。なので、評価での検索は最近の記事は現れません。

月別アーカイブ
DVDベストセラー